2022年7月29日金曜日

明日、明後日は展示会&SUMMER CAMPAIN

 エンデューロバイクでありながら、国内メーカーで言うトレールモデルが「FANTIC XEF」シリーズ

エンデューロレーサーの車体構成に公道走行やオフロード走行等万能に走る事が可能な様に丈夫なエンジンを搭載したモデルです

エンデューロレーサーだと、エンジンを開ける頻度が多く圧倒的な速さやパワーがある分、コストが掛かってしまします

「XEF」シリーズは「車体や足がエンジンより勝っている」グッと来るオフロードバイクなんです!

イタリア本国では「STRESS-FREE ENDURO」と言われております

「STRESS-FREE」深いですね

そんな「XEF」シリーズにお洒落なキャンペーンが始まりました

4つのグラフィックを選んでいずれか一つをプレゼント致します!

外装を新たに購入して頂ければ、気分で着せ替え可能です♬

モトエスエックスでは7/30(土)31(日)と展示会を行っております

「XEF125」の試乗車もあります!

とても珍しい「XE50」も展示しております!

皆様のご来店、お待ちしております


そして、「モトエスちゃんねる」ではXEF125の動画をアップしました!


#モトエスエックス #モトエスエックス広島 #fantic #fanticmotor #fanticxef125 #fanticxef250 #fanticxe50 #ファンティック広島 #モトエスちゃんねる

2022年7月27日水曜日

週末はショールームにて展示会開催!

 

今週末7月30日(土)31日(日)は展示会開催!

新色のファンティック キャバレロ スクランブラー500を展示販売!

ラインナップから無くなりましたが根強い人気のキャバレロ スクランブラー 250の新古車を入手!早い者勝ちです!

フラットブラックのフラットトラックは500と250を展示しております

250のフラットトラックはスクランブラー同様無くなる前に急いでください!

試乗車は

・キャバレロ 500 ラリー

・フラットトラック 500


ファンティックは電動アシスト自転車E-BIKESも試乗可能!

・E-MTB XTF1.5

・ISSIMO(新車在庫即納あります)


ランブレッタも2022年型ユーロ5モデルのV125 ホワイト/レッドシートを展示販売!

SYMも人気のNH T125の試乗車(オプション装着車)もあります!

とても暑い日が続きますが、熱く夏を走りましょう!


#モトエスエックス #モトエスエクス広島 #ファンティック広島 #ランブレッタ広島 #sym広島 #fantic #lambretta #sym

2022年7月23日土曜日

緊急開催!

 
急遽、月末の7月30日(土)31日(日)モトエスエックスにて「FANTIC LAMBRETTA 試乗商談会」を開催決定!

FANTIC試乗車

・キャバレロスクランブラー500RALLY

・キャバレロフラットトラック 500

・XEF125


LAMBRETTA試乗車

・V125


FANTIC XE50とV200アウトドアスペシャルを展示


試乗車のキャバレロフラットトラック 500は30日(土)31日(日)のみですので、試乗のチャンスです!

7月30日(土)31日(日)はモトエスエックスへ!

両日共に10:00~17:00


#モトエスエックス #モトエスエックス広島 #ファンティック広島 #ランブレッタ広島 #fantic #lambretta 

2022年7月22日金曜日

日本初!?マラグーティ ミッション125試乗インプレッション

 東京モーターサイクルショー2022で発表された「マラグーティ ミッション125」の試乗インプレッションをYoutubeのモトエスエックスチャンネル「モトエスちゃんねる」にアップしました!

同時に新型ランブレッタ(ユーロ5)のインプレッションもやってみました

さて、マラグーティ ミッション125

一言で言うと「速い!」

見た目と相まって速いイタリアンスクーターデザインは伊達じゃないです

マラグーティらしく、フロントカウルに埋め込まれたラジエターが格好イイ上に冷却効率もハンパないです!

ランブレッタに採用されているモノコックフレームではなく通常のスクーター同様のアンダーボーンフレームですが、エンジンの搭載位置やリアサスペンションの搭載位置を低くしてあるので、低重心が生むハンドリングの良さに、乗り心地の良さもプラスされております

通勤は勿論、休日にワインディングを中心としたソロツーも楽しめるスクーターに仕上がっております



只今店頭に在庫車置いてます!

是非モトエスエックスショールームへ!

#マラグーティ #ミッション125 #malaguti #マラグーティミッション125 #モトエスエックス #モトエスエックス広島 #マラグーティ広島 #lambretta #ランブレッタ #ランブレッタ広島 #モトエスちゃんねる 

2022年7月18日月曜日

夢の様なバイクが手に入れられるチャンス!

 フェラーリの本拠地でもあるイタリア・マラネロにて’17年に設立。

独自開発のモーターサイクルはもちろん、カーボンファイバー製高機能部品の設計や製作を事業の柱とし、切削設備やオートクレーブも所有する。

代表のヴィンセンツォ・マッティアは、海洋工学や航空宇宙工学の知識を生かしてエンジンと車体設計を担当。

フェラーリのR&Dで同僚だったニコラ・トレンターニが車体全体をデザイン。

2人の高校時代からの親友、ジュゼッペ・エヴァンゲリスタが会社のオペレーションを担当する。

ヴィンスのオリジナル設計による2サイクルエンジンは、アプリリアの250ccレーサーに搭載されたロータックス258を手本としつつ、切削加工されたクランクケースにギヤ接続された2本のクランクシャフトを収め、360度同時爆発点火の90度Vツインという独自性あふれる構成。ボア×ストローク54mm×54.5mmという、わずかにロングストロークな設定から249.5ccの排気量を得る。

ピストンはボルテックス(Vortex)製のシングルリング鍛造品で、写真のシリンダーはヤマハ製を流用しているが、量産品はオリジナルとなる予定。

カセット式の6段ミッションも内製だ。電子制御される排気デバイスは一般的なパワーバルブで、スムースなアクセラレーションに貢献。1次振動はゼロのため、カウンターバランサーを不要としたエンジンはスロットルボディを含んでもわずか28kg。

テストしたレースエキゾースト付きのエンジンは75hp/45Nmを発揮。驚くべきことにユーロ5に適合する公道モデルもこのスペックは維持される予定。

保安部品を装着してもわずか105kgの車重が貢献し、ベンチ上の走行モードテストでほぼスロットルを開ける必要がないため、結果として規制値以下の排出ガスに収まるのだという。エンジンの制御ECUには世界最速として知られるアメリカPE製を採用している。ちなみに燃費はヨーロッパ郊外を走らせて15.38km/Lだったようです。

3件の特許を有する独自のFIは、気筒あたり1本のインジェクターをリードバルブ上流に備え、2組のギロチン式スライドバルブで吸気量をコントロールする(作動はワイヤー式)。

これは全開時の吸気面積を確保しつつ、スロットル微開領域から正確に吸入量をコントロールできるヴィンス独自の構造で、10年以上にわたり直噴やロータリーバルブなど、あらゆるFI機構や吸入方式を研究した結果とのこと。

加えて2気筒同爆の採用が、抜群のドライバビリティや幅広く実用的なパワーバンドに貢献しているという。

2サイクルオイルは4つのデロルト製電子制御オイルポンプを介し、リードバルブ付近の通路(1気筒あたり2つ)からエンジンに供給。

ガソリンとの混合比はエンジン負荷やスロットル開度に応じて、ECUが0.1%〜5%の範囲で算出する。このシステムにより、オイル消費量はユーロ5走行モード時で8200km/1Lという、かつての2サイクル250ccレプリカの1/8〜1/10に相当する驚異的なレベルを実現。

エミッション改善に大きく寄与している。

エンジン側面に装備されるデバイスは電子制御のウォーターポンプ。補器類をエンジンから切り離すことで出力のロスを防ぐとともに、安定してエンジンを冷やすことに貢献している。

エアロダイナミクスに優れたフェアリングからは4本のダクトがマシンに伸びる。上2本がダミータンク内のラジエーターに十分な冷却力を与え、下2本が前方吸気のエンジンに新気を導入する。

フレームはアメリカズカップの双胴船のデザインにもヒントを得たというカーボンモノコック。わずか100kg余りという驚異的な軽さの源でもある。

これはヴィンスがもっとも得意とするもので、社内にはカーボンを焼成するオートクレーブも持ち、設計から製造まで自社内で完結させている。

こうした設備や、フェラーリでフォーミュラカー開発に携わった経験を生かしたエンジニアリングの提供も、同社の事業のひとつなのだ。

エアロダイナミクスに優れたフェアリングは、モノコック内の小さなラジエーターを確実に冷やすなど車体全体のフローも研究したもの。

ダミータンク下には8Lの燃料タンクが配され、公道用はこれに加えてシート下に4Lのリザーブタンクを設置。ダブルウィッシュボーン構造のサスペンションなど、フォーミュラカーの技術も多く採用される。

ダブルウィッシュボーン構造のホサック式サスペンションは、カーボン製のフロントフォークで保持され、一般的なテレスコピック式よりはるかに軽量。ノーズダイブを抑え、鋭いコーナリングを演出。

リヤサスペンションはウィリアムズのF1からヒントを得た構造。

横置きのボディはスイングアーム内で完結するユニット構造で、2本のカーボン製プッシュロッドとロッカーアームで構成され、マスの集中化に貢献している。

往年のGP250レーサーで公道を走る事が出来る夢の様なバイク。

それも2サイクルで環境基準も適合し正規で手に入れるチャンスです!

イタリア曰く「美しい車体は=速い」を形にしております

弊社は10年以上イタリアンバイクの整備に携わっていたので大変高価な車両ですが、ご安心頂けると思います。

気になる方は是非問い合わせ下さい。


#モトエスエックス #モトエスエックス広島 #vins #2サイクル